∑one100シリーズ 次世代スマートファクトリの必須アイテム。レイアウト変更にも簡単対応、もう汚れた床からはさようなら!!

    製品・サービスについて マルチ誘導方式無人自動搬送ロボット ∑one100シリーズ

    現在少量多品種生産かつ短いモデルチェンジが求められる生産ラインで
    生産性・リードタイムの向上を実現する「スマートファクトリ」が
    急速に進んでいる。スマートファクトリではライン変更により部材供給場所、
    作業ロボットの設置位置、製品の搬入/搬出場所なども大きく変更され、
    その対応を迅速に実現しなければならない。
    その背景において、∑one100シリーズはライン変更対応においての部品供給、
    完成品搬出などまたロボットの設置位置変更などに大きな力を発揮するもの
    である。

    製品・サービスについて

    例えば、
    こんなお悩みありませんか?

    Check

    人手不足で部材等の運搬をどうしよう・・・

    コロナ禍の影響で工場などの製造ラインは
    必要最低限の人数しか配置出来ない。
    人手を介さずに部材を運搬出来ないか?

    Check

    重い荷物を運ぶのに困っている・・・

    50kg~100kgの重い荷物を搬入口から製造工程へ
    運ぶのにフォークリフトで運ぶと邪魔になる、
    簡単に運べるものはないか?

    Check

    磁気テープの貼り替えが大変だ・・・

    有軌道のAGVを使用しているが工場内の配置を
    変える度に磁気テープを張り替えるのが大変だし、
    床も汚れるし。
    磁気テープが無くても動くAGVはないの?

    ∑one100シリーズならこのように解決できます!

    マルチ誘導方式無人自動搬送ロボット ∑one100シリーズなら

    Check マルチ誘導方式無人自動搬送ロボット ∑one100シリーズなら

    • 部材を搭載すれば、自動で目的地まで搬送出来る。
    • 許容荷重は100kg。
    • 20台までは連動動作可能。
    マルチ誘導方式無人自動搬送ロボット ∑one100シリーズなら

    Check マルチ誘導方式無人自動搬送ロボット ∑one100シリーズなら

    • 無軌道なので磁気テープは不要。
    • 事前に地図を作成してルート設定が可能。
    • 配置を変える際も新たに地図を作成してルート設定が可能。

    資料ダウンロード

    ∑one100シリーズが
    ご提供している資料を
    無料でダウンロードいただけます。

    ∑one100_カタログ

    ∑one100_カタログ

    マルチ誘導方式無人自動搬送ロボット ∑one100シルーズ
    特徴1:拡張SLAM機能
    レーザ測域センサを用いることで地図作成を行い、これをもとに高精度な位置同定を実現可能。
    特徴2:全方向移動(メカナム使用)
    メカナムホイールを使用することにより全方向へ移動が可能。
    特徴3:インテリジェント群制御(オプション)
    MAX20台のAGVを運用中、適切なAGVと経路を自動で決定し、指示することが可能。

    資料ダウンロード

    ∑one100シリーズについてのお問い合わせお気軽にお問い合わせください

    お問い合わせフォーム

    「 シグマトロン株式会社」にお問い合わせメールを送信します。
    後ほど担当者より折り返しご連絡いたします。

    会社名を入力してください。
    氏名を入力してください。
    メールアドレスを入力してください。
    電話番号を入力してください。
    希望連絡先を選択してください。
    ご用件を選択してください。
    お問い合わせ内容を入力してください。
    商談予約をご希望の方は、候補日(第一希望、第二希望)をご記入ください。
    個人情報の取り扱いについて
    上記内容に同意いただけない場合、送信できません。

    企業紹介

    シグマトロン株式会社

    シグマトロン株式会社

    〒 103-0023  東京都中央区日本橋本町4-8-14東京建物第3室町ビル

    創業64年の歴史を誇る当社は、組込・制御システム開発を得意とし、
    車載機器・産業機器・医療機器などの最先端技術領域において、
    ソフトウェア・ハードウェア双方の技術分野で社会に貢献してまいりました。
    また、これまで蓄積した技術と高度運転支援システムやロボティクスといった
    新しい分野にもいち早く取り組んできた強みを活かし、2020年度より新たに
    AGV(無人搬送車)の自社製品の企画・開発・製造を始めました。